プレミアムウォーターの電話が繋がらなくて困る!その電話かけなくていいかもしれません!

プレミアムウォーター

※ この記事はプロモーションを含みます

プレミアムウォーターの利用者の中には、カスタマーセンターに電話が繋がらないという不満を持っている人も多いようです。
SNS上でもプレミアムウォーターに電話が繋がらない!という口コミをよく見かけます。


特に引っ越しや解約などの手続きは、早めに連絡しておかなければなりません。

そこで、今回はプレミアムウォーターに電話が繋がらない理由と対処法を紹介していきます。
電話が繋がらずに困っている人やかけようと思っていた人は、ぜひ本記事を参考にしてください。

プレミアムウォーターに電話が繋がらない理由と対処法

プレミアムウォーターに電話が繋がらない理由は、主に以下です。

電話番号や営業時間が違うため

平日の昼間・土日は電話が混むため

電話で問い合わせる必要のない内容を電話で問い合わせる人が多いため

順番に説明していきます。

電話番号や営業時間が違うため

まず基本的なことですが、プレミアムウォーターの電話番号や営業時間を確認してみましょう。
「電話番号を間違えていた」「営業時間外だった」なども考えられるため、念の為チェックしておきましょう

カスタマーセンター
オペレーター営業時間:10時~18時
(年末年始を除く)
自動音声ガイダンス:24時間365日受付

フリーダイヤル:0120-937-032

携帯電話からはこちら:0570-020-330

プレミアムウォーターのカスタマーセンターの電話番号と営業時間は以下の通りです。

カスタマーセンター
オペレーター営業時間:10時~18時
(年末年始を除く)
自動音声ガイダンス:24時間365日受付

フリーダイヤル:0120-937-032

携帯電話からはこちら:0570-020-330

 平日の昼間・土日は電話が混むため

プレミアムウォーターのカスタマーセンターは、土日祝日にも営業しているものの、一般的に土日祝日が休みの方が多いため、休日には電話が混雑することがあります。

また、平日でも10時〜11時まで、12時〜14時まで、仕事終わりの17時〜は問い合わせが集中しがちで、電話に繋がりにくいことがあります。

プレミアムウォーター

上記の表で非常に混雑・混雑以外の時間帯に電話をかけると比較的つながりやすくなっているので、その時間を狙ってみてください。

電話で問い合わせる必要のない内容を電話で問い合わせる人が多い

プレミアムウォーターでは、公式サイトやアプリを活用することでほとんどの手続きがスムーズに行えます。

しかし、公式サイトやマイページで簡単に済ませられるにも関わらず、お客様がカスタマーセンターにお問い合わせをすることが増えれば増えるほど、電話がつながりにくくなります。

以下に、公式サイトやマイページで行えるのにカスタマーセンターへの問い合わせが多い項目をまとめました。

配送を一時休止したい

請求金額を確認したい

オプションサービスを解約したい

配送日時を変更したい

水の配達状況を確認したい

住所を変更したい

解約料や最低利用期間を確認したい

初回配送日を確認したい

解約したい

これらについてカスタマーセンターにお問合せしようとしていた方はちょっと待ってください!

これら全て公式サイトやアプリのマイページでお手続きできるんです。
なるべくご自身でお手続きや確認をするようにしましょう。

どうしても電話が必要になるケース

公式サイトやマイページからほとんどのお手続きはできるとお伝えしましたが、以下のケースはカスタマーセンターへの連絡が必要になります。

マイページにログインするためのメールアドレスがわからなくなってしまった時

苦情がある時

修理対応を依頼したい時

サイトや取扱説明書に掲載されていない質問がある時

電話が繋がらないとどうしてもイライラしてしまいますよね。


WEB上でできるのであれば多少の手間に感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、そちらの方が電話で待たされる場合に比べて自分の時間のある時に操作できるのでストレスが溜まりません。

手続き内容の確認も口頭ではなく画面で確認できるので勘違いや聞き間違いがないので安心できます。

また、電話の場合はナビダイヤルになってしまうため、電話が繋がっている間は電話料金がかかってしまいます。

電話が苦手な方も多いと思いますのでほとんどの手続きがアプリやWEB上でできることはとても助かりますね。

まとめ

今回はプレミアムウォーターの電話が繋がらない原因と対処法について解説しました。

プレミアムウォーターでは公式サイトやアプリが充実しているので通常使っている上で必要なほとんどの操作が電話いらずで可能になっています。

カスタマーセンターへ電話する人が増えるとそれだけつながりづらい状況になってしまうので、ご自身で確認できるものはなるべく電話をかけずに操作をしていきたいですね。

電話をかけると電話料金もかかってくるので、本当に電話をかける必要があるかよく確認してからにしましょう!